うずらップ(♀)

2017
ミュージックビデオ(00:04:56)

作詞・作曲・歌 遠藤麻衣
声の出演 村山悟郎
映像・編集 藤川琢史、宮澤響(アロポジデ)
振付 Aokid
ヘアスタイリング 山本佳代(dolls)
衣装 RYOTA MURAKAMI
制作 荒川真由子、松宮俊文(Festival/Tokyo)
制作協力 岩井美菜子、野口明日香、橋本葵、横見咲、しわしわ、山本悠

Quail Rap(♀)

2017
Music video(00:04:56)

music, lirycs and sung Mai Endo
voice Goro Murayama
camera operator, editor Takashi Fujikawa, Hibiki Miyazawa
Choreography Aokid
hair styling Kayo Yamamoto(dolls)
clothing RYOTA MURAKAMI
production cordinators Mayuko Arakawa, Toshifumi Matsumiya(Festival/Tokyo)
special thanks Minako Iwai, Asuka Noguchi, Aoi Hashimoto, Saki Yokomi, Shiwashiwa, Yuu Yamamoto

私はうずらを飼っています。うずらを家で放していると、どこでもうんちをするので大変です。トイレを覚えないので、その都度拭くしかありません。家具の間に挟まれて身動きが取れなくなることが稀にあり、目が離せません。知らないうちに座布団の上でくつろいでいて、お尻で踏んでしまいそうになったこともあります。いつも気にかけていないと、うっかり死んでしまいそうです。うずらは、日本で唯一家畜化に成功した動物と言われています。家禽化の歴史の中で産卵数を増やした結果、抱卵の本能は薄れてしまいました。人間の介在なくしては繁殖も困難です。
I have a quail. It isn’t easy to keep a quail in a flat because she poops everywhere. She doesn’t have any idea about toilet, so I have to wipe everything up afterwards. She got caught between the furniture, so I can’t take my eyes her off. When she relax lying on a cushion, I was almost sitting on her, because I didn’t notice she was there. I have to take care of her all the time otherwise she will die easily. The quail is said to be the only animal successfully domesticated in Japan. As a result of poultry farming, the number of eggs laid by a quail has increased massively, and their original instinct to hatch eggs disappeared. Without human help, breeding of quails is therefore impossible.
うずらが人間の都合から解放され、ありのままの姿でいられる場所はあるのだろうかと考えることがあります。例えば、うずらを家から放して、行く末をうずらの自由にゆだねたなら、たちまち猫の餌食になりそうです。野生のうずらならともかく家禽化されたうずらは外では生きていけないのではないかと見ていて不安になります。
とはいえ、そもそもうずら自身にありのままという選択は存在しないのかもしれません。うずらは、自分がいる環境や制度を否定する言葉を持っていないからです。元はと言えば家禽の流通に乗って、ネット注文によってダンボールでうちまで運ばれ、食べられる運命だったのが、私の気まぐれで飼われることとなったうずらです。そんな状況に対して否定も肯定もせず、その日その日をただ生きています。うずらに対して私が抱くのは、憧憬と畏敬です。
そこで私は、うずらをモチーフに《うずらップ(♀)》というMVを制作しました。このMVは、youtubeにアップしていて、誰でもみることができます。「アイ・アム・ノット・フェミニスト!」の告知としても機能しました。

”ミッツはすでに普通の人が一生かかっても見ることができないほど広い世界を見てしまったのだし、多くの冒険を切り抜けてきたのだ。”《ミッツ-ヴァージニア・ウルフのマーモセット》シークリット・ヌーネス
I wonder if there would be a place where the quails could be what they used to be when we release the quails from human custody. But for instance, if I threw my quail out of the house and left her alone, she would probably be caught by cats at once. I’m worrying that my quail, which is even not wild, cannot survive on her own.
Nonetheless, quails may not have a choice like as they are. Quails do not have words to deny the environment and institution where they live. Quails lack the means to reject the system. In the case of my quail, she was ordered to be eaten by me and sent to my home inside a cardboard box. But I changed my mind, and therefore she escaped the fate to be cooked. Whether she accepts or rejects her current environment, she lives from day to day without the thought for the future. I would be happy to be like the quail which accepts its fate so calmly.
So, I have used such a quail as a motif and made a music video called Quail Rap.  This music video is uploaded to youtube, and anyone can see it. It also functioned as publicity for  the performance "I am not a feminist!"