「アイ・アム・フェミニスト!」

2015.3.22~3.31 12:00~20:00
個展

コーディネート:河口遥 新藤君平
翻     訳:川久保ジョイ  
撮     影:池上弾 望月俊孝 松尾宇人


本展は遠藤麻衣の初となるSOLO SHOWであり、「アイ・アム・フェミニスト!」という捻れた宣言とともに、フェミニストを演じます。新作の映像作品「“泣く女”」では、ピカソの名画 『泣く女』(1937)をモチーフに、彼女自身がなりきり、泣き叫びながら、女の涙を女自身に取り戻すよう物語が独白されます。
こうした入れ子状に折りたたまれた女性のイメージは、演じられることによって、女を「フェミニスト」としてふたたび再現=表象に取り込ませてしまうのでしょうか? むしろ、思想とイメージの間で女性が密かに抱えている切実な思いがあらわになるはずだと考えます。「フェミニスト」を超えるために、これはすべての女性にとっての挑戦なのです。

【アーティストステートメント】
女の幸せは結婚、愛想は良く、女性らしい服装を心がけること。私たちを守ってくれる男への感謝を忘れずに、女は男をたてるべき。これらを正しいことだと考えている、今この文章の前にいるあなたのような女が、私は大嫌いです。
自分にとって都合の良い色メガネをかけ、男性社会への同化を戦略にして生きるあなたに、私は決して負けません。女であれ!


”I am Feminist!"

2015.3.22~3.31 12:00~20:00
Solo Show

coordinate: Kawaguchi Haruka, Shindo Kunpei
translation: Kawakubo Yoi
camera operator: Ikegami Dan, Mochizuki Toshitaka, Matsuo Ujin

The exhibition is the first solo show of Endo Mai.
I make the polemic declaration "I am a feminist!" to start with, and I act "a feminist artist".  
In the video installation "The Weeping Woman", I transform myself into Picasso’s famous painting "The Weeping Woman"(1937) by making up heavily. "The Weeping Woman" cries out and represents how women are oppressed.



































「解題」

フェミニズムとは本来、自律的であろうとする女の自由な心性を指すものではないでしょうか。フェミニストは、すでに表象され規律された「イメージ」から女を解放しようとします。名指しされることを拒絶し、多義的であろうとするのです。しかし、フェミニストは<単一な観念から逃走する女>という、結局のところ単一な観念に表象されがちです。そういった表象は、社会(男)からの一方的なまなざしにのみ依るものではありません。皮肉なことにフェミニストが持つ女性性によっても引き起こされるのです。

「演じる」、「化粧」、「仮装」、「擬態」。これらの行為は自身を背後へと押しやり、別様の姿を見せるということです。しばしば女性性と結びつけられ語られるこのような偽装は、女が持つまなざしによって可能となります。他者が見たいと欲しているものと、他者に見せたいものとを一致させるのです。

それゆえに、フェミニストはみずからを「フェミニスト」として表象してしまいます。社会の機能の中に自身を挿入させ、時には能動的にスペクタクルの構成物にさえなりうるのです。

映像作品「泣く女」では、「男によって表象された女性像」の象徴として、ピカソの絵画『泣く女』を選択しています。作中で彼女は、一方的に客体化された女の解放と、女の平和を泣きながら発言し続けます。しかしこのフェミニスト的理想は、鑑賞されることによって、ふたたびイメージへと予定調和的に組み込まれてしまいます。

その作品のかたわらでは、女の解放と平和を願い演説する「フェミニスト」がいます。しかし、体現することによってやはり、フェミニストは退き続けてしまいます。

では一体、フェミニストとはどのようにして可能になるのでしょうか?

ここで、焦点を俳優にあててみたいと思います。上記の作品は、俳優によって演じられたものでもあるからです。『「フェミニスト」を演じる』というテーゼをもってこれらの作品を捉え直すと、その構造もまた入れ子状に折りたたまれており、アイロニカルな転倒をもたらしていることがわかります。『女性は常にすでに表象され、社会のまなざしに晒されている』と、皮肉にも逆照射するのです。

それならば、「演じる」行為によって常に客体化される俳優にとって、フェミニストは可能なのでしょうか?可能であるとすれば、それはどのようなものなのでしょうか?

映像作品「セルフ・ドキュメンタリー」では、俳優自身の〈プライベート〉がドキュメンタリーとして切り取られています。ドキュメンタリーとは、事実に基づく情報の集合であり、生の「私」を描き出しているかのように見えます。その映像は彼女のプライベートが露呈しているようにも見えるのです。〈プライベート〉の私=「本当の私」のようです。しかし、そのような事実のインデックスである〈記録〉ですらも、被写体として撮影され、鑑賞のために編集されるなかで、セルフ・ドキュメンタリーという形式に固有な現実を切り出してしまうのです。

そして今、あなたが読んでいるこのテクスト「解題」では、私は書き手となり、一連の作品を客観的に包括し、外側から意味を与えようとしています。俳優はこのようにして、コンテクストの異なる主体性の間を揺れ動きます。女のまなざしによって「フェミニスト」を偽装しながら、「セルフ・ドキュメンタリー」によって「私」を描き出し、「解題」の筆者として状況の外側に立つのです。これら「演じる言語」を多元的にあつかうことによって、フェミニスト的逃走は可能になるのではないでしょうか。分裂しながらそれぞれの主体として呼吸することによって、一方的な客体化をゆるやかに拒み続けるのです。

遠藤 麻衣



"Bibliographical essay"

Originally, isn’t feminism a term that refers to a free mind of the woman that is autonomous. Feminists, want to attempt to free the woman from the "image" that is normalized and already a representation. They try to refuse to be named, and try to be ambiguous. However, feminist is likely to be a representation of a monosemic idea of a . Such a representation is not only due to the on one-sided look from society (man). Ironically, it is also caused by by the feminism of the feminists.

"Play", "Cosmetic makeup", "Masquerade", "Mimicry". These actions pushes the subject itself to the back, and gives a different-like appearance to it. Often such masquerades are associated with femininity become possible by the point of view of women themselves. They match the object that others want to see with the object that they want to appear like.

Therefore, feminists represent themselves as "feminists". They put themselves inside the function of the society and sometimes even become actively a part of the spectacle.

In the video work "The weeping woman", Picasso’s work “The weeping woman” is selected as a symbol of the "female image representation by men". In the work, she continues to speak about women’s peace and the freedom of women that are objectified, while crying. But this feminist ideal, by being observed, is incorporated into the “harmonic” image again.

Beside of this work, there is a "feminist" that speeches the wish of the woman’s liberation and peace. However, again, the feminist continue to retreat through the act.

In all, how is possible to be feminist?

I want to focus here on the actor/actress, as the above work, is also played by an actor/actress. When re-think these works with the thesis (what ever she means; note from the translator) of "act the ‘feminist’", the structure also is folded into a self contained structure, that gives it an ironical breakdown. It ironically reverses the flow of the discourse as "Women always are already a representation, and are exposed to the gaze of society".

If it, for an actor to be always objectified by the "play" act, I think the feminist is available? If it can be either Will such it look like?

In the video work "self-documentary", the actor’s/actress’ has been cut as a documentary. Documentary is a collection of information that is based on facts, and looks as if is portraying "my life". In the movie it looks as if her private (life (note from the translator)) is exposed. Seems like the following equation me = "real me". However, even such a that is an index of facts, are taken as a subject, filmed as an object of shooting and through the editing for the viewer, it takes the particular style of the self-documentary.

And now, in this text, “Bibliographical essay” that you are reading, I became a writer, and objectively integrating a series of works, I am trying to give it a meaning from the outside (and more from the outside I translate a text being sometimes against it and sometimes in favor of it; note of the translator). Actors in this way, it wag between different subjectivity of contexts. While impersonating a "feminist" by the woman’s point of view, He/she portrays the “Me” in the "self-documentary", and stands on the outside of the situation as the author of this “Bibliographical essay” (and more over, me, the translator translates it from the “outside”; note from the translator). By treating these "play languages" multidimensionally, is it possible to for the feminist getaway to exist? By breathing as each of the subjects in division, I continue to gently refuse to be objectified unilaterally.

Mai Endo (translated by Yoi Kawakubo, male artist and translator)