「アイ・アム・フェミニスト!」

2015.3.22~3.31 12:00~20:00
個展

コーディネート:河口遥 新藤君平
翻     訳:川久保ジョイ  
撮     影:池上弾 望月俊孝 松尾宇人


これは、私が2015年に行った初めての個展です。この個展で私は、「アイアムフェミニスト!」という宣言とともに、フェミニストとして作品を発表しました。

”I am a Feminist!"

2015.3.22~3.31 12:00~20:00
Solo Show

coordinate: Kawaguchi Haruka, Shindo Kunpei
translation: Kawakubo Yoi
camera operator: Ikegami Dan, Mochizuki Toshitaka, Matsuo Ujin

This was my first solo exhibition in 2015. In this solo exhibition, I created my work as a feminist by declaring "I am a feminist!".


メインの展示は映像作品です。この映像で私は、ピカソの泣く女になりきり、泣き叫びながら女の涙を取り戻すべく主張します。
The main work is video. In this video I pretend to be Picasso's weeping woman, and I insisted on my opinion in order to regain women' s tears  while crying.


また、その傍らでは、30分に一度、ピカソの愛人関係を告発し、女の解放を唱える作品解説パフォーマンスを展開します。
Beside that,  every 30 minutes, I did performance explaining the work in order to accuse Picasso, and appeal to a woman's liberation.




展示は、そのほかにも、資料となるようなピカソのインタビュー映像、モザイクがかかった女性のインタビュー映像などがあります。




解説をするフェミニストのキャラクターは、インターネットの画像検索やtwitterなどから作り上げました。また、自分が過去にテレビなどでみたフェミニストの印象も参考にしています。例えば、「フェミニスト」と日本語で入力して出て来た画像イメージ、また、フェミニストと自称するtwiterユーザーの発言などを参考にしています。
I created this feminist characters from images hit by my research in the internet for example some images which represent “feminist” in Japanese or twitter account which are self-proclaimed as feminists. Moreover, I use my impression of the feminist I saw in the past on TV.






このようにして、私は映像とパフォーマンスという二つのメディアを使ってフェミニストを表象しました。映像では一方的な客体化を告発すべく、泣きながら主張し続けます。しかし、このフェミニスト的理想、つまり主体の奪還は、映像として鑑賞されることにより、再び客体化へと予定調和的に収斂してしまいます。他方、その作品のかたわらでは、女の解放と平和を願い演説する「フェミニスト」がいます。しかし、体現することによってやはり、フェミニストは退き続けてしまいます。
フェミニストが、このようにして「イメージ」から女を解放しようとすればするほど、フェミニストは自分自身を<単一な観念から逃走する女>という、単一な観念として表象してしまいます。
In this way, I expressed being a feminist by using two media, video and performance. In this video, the weeping woman is accusing objectification of herself, as feminist generally tries to regain their subjectivity back in their hand.  However, this woman fails to do so, and even she cannot escape from being involved in the process of the objectification again, because she is always seen as the object inside the frame of video.
On the other hand, beside this video, I performed another "feminist" who wishes for liberation and peace for women. However, embodying the image of these feminist prevented them from being real feminist as we think. The more the feminist tried to release woman from the objectified "image", the feminist expressed herself as a single ideology like "a woman escaping from a single ideology".


それではどのようにして、フェミニストは可能になるのでしょうか。
Then, how it is possible to be a feminist?






この展示は実は二部構成になっています。展示と解説を見た後に、観客は扉を抜けてもう一つの部屋に移動することができます。そこは事務所スペースになっており、休憩をしている私と、企画者の河口遥さんが待機しています。そして来た方と対話できる空間になっています。また、ここにも映像作品を展示しています。「セルフ・ドキュメンタリー」というタイトルで、私と河口さんの日常的な食事のシーンが映し出されています。おしゃれな食卓を囲んでコイバナに花を咲かせる、先ほどのフェミニストのイメージとは相反する、女性の<プライベート>が映し出されています。
ここで、観客は、先ほどのフェミニストがあえて演じられたものであることを知ります。その結果、構造にアイロニカルな転倒が生じます。「女性は常にすでに表象され、社会のまなざしに晒されている」ことを観客へと逆照射するのです。
Actually, this exhibition had two parts. After watching this video and performance, the audience could enter another room. This room is an office space where the organizer Haruka Kawaguchi and I took a break waiting for the audience to come in. The audience could talk with us casually. In addition, another video work is shown in the same room. This video titled "Self documentary" showed the scene that Haruka and I had a dinner as if ordinary two women are talking about their cheep romance.
This scene is contradictory to the image of feminist shown in the another room. Then, the audience knows that the characters of feminist in the another room are just performed on purpose. As a result, this structure of the exhibition causes an ironical inversion which the audience realize not image of the woman but the audience themselves have the preconception that  "women have been already represented and are being exposed to society's gaze".


このドキュメンタリーは、当時流行していたテレビのリアリティバラエティ番組のイメージを参考にしています。これは、「テラスハウス」というタイトルで、”台本のないドラマ”をキャッチコピーに、一般人がシェアハウスで生活する日常を記録したものです。ちなみに、テーマソングはTaylor Swift - We Are Never Ever Getting Back Togetherです。
The visualization of this documentary is based on the reality TV show that was popular in Japan at the time. This TV show titled "Terrace House" has a catch phrase "no script drama" and documents the daily life of ordinary people, girls and boys, who are living in a shared house. They were stranger for each other before coming to this shared house. By the way, the theme song is Taylor Swift - We Are Never Ever Getting Back Together.


ドキュメンタリーとは、事実に基づく情報の集合であり、生の「私」を描き出しているかの”ように”見えます。プライベートが露呈しているかの”ように”見えるのです。しかし、どのような事実のインデックスとしての記録ですら、被写体として撮影され、鑑賞のために編集される中で、セルフドキュメンタリーという形式に固有なイメージとして切り出してしまいます。
In general, a documentary is a collection of factual information, and it is considered that it depicts the real “I” revealing its private. Although documentary shows the index of facts, it turned to be images of unique form as “self-documentary” in the process of being recorded and edited.


このように私は、ギャラリーという表の空間でフェミニストを偽装し、プライベートをセルフドキュメンタリーとして私を描き出しました。また、最後に観客に配った展示解説のテクストでは筆者になることで、これらの状況の外側に立った振る舞いを行います。私はこのようにして演技を多元的に扱うことで、俳優としてのフェミニストが可能になるのではないかと考えました。それぞれの現実の主体として生き生きと演じることで、一方的な客体化をゆるく拒み続けるのです。
In this way, I disguised as the feminist in a non private place such as gallery and constructed my private life as a self-documentary. After seeing performance and video, the audience can get a text explaining the exhibition.  The text was written by me behaving like an outsider of these situations of the exhibition. I thought that being a feminist as actor is possible by dealing with acting in multiple ways. And I tried to turn down objectification by playing different subjectivities in pluralistic realities.